安曇野のストーブ屋便り

8月25日(日)にこんな企画があります。
とうとう暦の上ではもう”立秋”に!・・過ぎてしまった! とんでもない暑さ続きなので、そんな言葉からの涼しさなんてみじんもありません。 長い梅雨が明けたのは土用に入ってからでした。

キハダ・・・楽しめます!
地平線倶楽部のサイトがリニューアルしました! 山々は夏の青さには程遠い日々です。 もう少し・・・・ですね。 店内では胡蝶蘭が季節問わず、咲きたいときに咲放っています。 初夏の白さは新鮮、なぜかホッとします。

連休も終わりかけ、そんな安曇野では珍しい展示会が開かれています。
さわやかな季節、常念岳が水面に・・・ この時期は色とりどりの花と新緑で急に華やかになります。 毎年の事ながら、同じように感動するのです。

ごはんはひとりで食べるより、みんなで食べたほうがおいしい! おとなも子どももみんなおいで~・・と始めたおなかまキッチンも11回になりました。
庭先のタラの木の芽がふくらみ始めました。 山から下ろしてくる原木にくっついてきて根付いたものです。 この一週間で何度か摘んで、てんぷらなどに。 でも、山で採ってくるのとはちょっと違う!ほろ苦さも春の香りもあるのだけど、独特の山の香りがない!!

やっと春です。 今日は肌寒いけど明日からは気温が上がるらしい、、、草花はあっという間に背伸びします。 例年通りオオイヌノフグリやヒメオドリコソウ、ペンペン草など青々した庭になりかけています。
6月です。 やっと初夏の兆しが・・・と思っていたのですが、真夏並みの暑さもあり植物も犬も人間もいつものさわやかな気分になれません。 そうこうしているうちに梅雨入りとの報道もあり、肌寒さも感じる日々です。 とはいっても、山々は夏の青さに迫っていますし、我が家の山椒の木にもたくさんの実がなり始めました。

さらに表示する