安曇野のストーブ屋便り

炎を見ながらゆっくり過ごす時間が楽しみ!・・・ これはこれから薪ストーブを導入されるお客様のほとんどが口にします。 あこがれと言っても言い過ぎではありませんね。
20回目を迎えたおなかまキッチン! 楽しくみんなでご飯を食べよう・・と始まったのは5年前です。 今年は新型コロナ感染症の影響で春からお弁当の提供でした。 そして今日は、今年最後のおなかまキッチンでした。

とうとう・・・燃しました! 涼しくなったと思っていたのもつかの間、今年はあっという間に寒くなりました。 昨年より8日早い初燃しです。 やんわり暖かい空気が広がります。 4日前にメンテナンスを終えたばかり、間に合いました! お客様のメンテナンスは今月中続きます。
久しぶりの食器などのバザー、要らない人から要る人へのコーナーです。 今回は大きな器がたくさんあります。 当店がかつて飲食業も兼ねていたころの丼たち、様々なネーミングで呼ばれていた食器たちです。 数年かけて相性の良い方達に引き取られていきましたが、まだまだあるのです。

こどもオルガン劇場です。 コドモもオトナも楽しめる、音楽とダンスのひと時を楽しみませんか。 オルガン、ダンス、美術、ことば、イラストレーションで6人のアーチストたちが表現します。 それぞれの思いをぶつけ合う世界、、だけど不思議に素敵なハーモニー・・・なのだそう・・ 6人のアーチストたちが「来てくだされ~~」って叫んでます!ぜひぜひ!...
急に寒くなりました。 数日前とは全く違って、、慌てます。 とうとう今日は、薪ストーブの出番です。 シーズン初なので、ゆっくりゆっくり焚きます。 さあ、このシーズンよろしく!とご挨拶。

久しぶりに温かな日差しが庭中を包みこみました。 午前中の10時過ぎ、ツマグロヒョウモンが3,4頭飛び交い、その周りを赤とんぼ、アシナガバチが現れそして細かい雪虫?が舞っていました。
不安定な天気が続く中、ポッカリ晴れ間の日がありました!この日は年一度の山創の森のまつり、大勢で賑わいました。 当店はここから搬出された原木をお客様にお届けしています。

8月25日(日)にこんな企画があります。
とうとう暦の上ではもう”立秋”に!・・過ぎてしまった! とんでもない暑さ続きなので、そんな言葉からの涼しさなんてみじんもありません。 長い梅雨が明けたのは土用に入ってからでした。

さらに表示する